MENU

30歳代の転職失敗例

●まずは転職サイトに登録を
いまやどんな業界においても、転職は当たり前の時代になりました。求人サイトもたくさんあって、登録するのがまずは活動の第1歩。希望の仕事がすぐに決まるとは限りませんから、今すぐ職を変えるつもりではなくても、まずは登録をして情報集めを始めるのは大変有効な策になります。
実際、「来月までに絶対したい!」、「もう仕事を辞めてしまったから、今すぐ働ける場を探したい!」など焦ってしまっている状況では、冷静な判断ができません。余裕がないことは面接などでどうしても伝わるものですから、自分に有利な状況をつくることも難しくなります。サイトに登録するのは、むしろ、「まだ時期は先でいいけれど、必ず新しい場で働きたい」と気持ちがかたまった時点から始めるのが得策。提出用のレジュメなども、しっかり調べながら練ることができるでしょう。

 

●30歳代の転職は早い?遅い?
「30代までには自分のやりたい道をかためたい」と漠然と思っている人が多いのではないでしょうか。キャリアビジョンやライフスタイルが多様化している現代、一概に何が正しいとは言えませんが、一般的にそう考える人が多いのは事実。応募、面接、合格してもそこからがスタートですから、新しい職場での働き方が軌道に乗るまでを考えると、意外とロングスパンで計画しなければなりません。個人の側からすれば、仕事と並行して結婚や出産といったプライベートを両立するなら30歳代までが調整しやすい時期だと考えやすいですし、採用する企業の側からすれば、自分の会社環境に慣れてもらい、初歩的なミスなどもなく業務成果を出してもらうには、柔軟性がある年齢層かつ、その会社の中で育って管理職になる可能性を持った年代の方が有難い、というのが本音でしょう。

 

●30歳代だからできること、気を付けたいこと
しかし、20歳代ではできないことが30歳代にはできる、という面もあります。それは「同業種間の転職では強味が活かせる」ということです。あるていど経験を積み、その業界の特徴や動き方を把握していること、またそれまでの職種で他社でも通じる成績を出していることなどは、新しい職場に自分を売り込む説得材料になるはずです。
逆に、まったく新しい業界や業種にチャレンジする、というのは、30歳代が最後のチャンスかもしれません。というのも、採用する企業側にとっては、いちから教育するのは手のかかること。若い世代がこの点有利なのは、伸びしろが大きいことに加え、年齢に応じて給与も安く採用できることから、「どうせ教育に時間がかかるなら、給与の安い人材を採用した方がリスクが少ない」と考えるためです。もし30歳代以降で新業界、業種にチャレンジしたいなら、この点で少し妥協を検討せざるをえないかもしれません。

 

●複数サイトに登録するメリットとは?
いずれにせよ、30歳代からの転職で自分の可能性を広く持ちたいならば、できるだけ多くの求人サイトに登録するのをおすすめします。それは、サイトによって集まる求人が異なり、そのぶん多くの情報を得られるから。なかには、それまで知らなかった企業でも、自分に合ったところが見つかる可能性も大いにあります。そしてそれは、「企業から見つけられる」チャンスを広げることでもあります。スカウト機能や、エージェントによる直接紹介など、受けられるサービスもサイトによってさまざまです。また、メルマガや登録者だけが読めるウェブ記事などは、業界研究にも役立ちます。マナーや書類の書き方なども、もう一度おさらいするくらいのつもりでていねいに復習できるので、面倒くさがらす複数登録してみるとよいでしょう。

 

●登録会社で事前に面接や打合せをするのも◎
登録会社によっては、「登録会」などという名目で事前に登録会社の担当者と面接をする場を設けられるケースがあります。これは主に、志望内容を細かく確認するために行われるもの。希望の業界、業種、雇用形態や勤務地など、ウェブ画面で登録したこと以外にもフェイストゥフェイスで伝え、確認することができる機会です。新しい仕事に対して妥協できることとできないことをハッキリさせるとともに、そういった条件では実際どれくらいの可能性があるか、どんな時期に採用数が増える可能性があるのなどを「転職のプロ」に質問できるチャンスでもあります。あまりに高望みしているようなら、正直、この段階で擦りあわせをして現実を知るのも重要です。わからないこと、不安なこと、改善・調整すると良さそうなどは、このときまでに列挙しておき、できるだけ具体的に聞ける場として積極的に利用してみるとよいでしょう。
また、このときに会う担当者だけとは限りませんが、自分のことを企業に売り込んでくれるのは、この登録会社でもあります。本番の面接はどんな人でも緊張するものですから、練習の場として、話し方や服装なども本番を想定して臨むのも有効です。その姿勢を見てもらいながら、なにかあれば気軽に相談できる場というのは、逆に言えばこのときくらいしかないかもしれません。