MENU

失敗する理由は5つ!

最近は転職サイトが非常に増えており、これらのサイトを利用することで簡単に就職が出来ると考える人も増えていますが、実際にはそれほど簡単な事ではありません。むしろ、自分のイメージと大きく違っていたとか、前の職場の方が良かったと後悔している人も少なくないのが実態です。その為、会社を変わることを考える際にはしっかりと自分の意思を客観的に分析した上で行うことが大切です。
転職で失敗する理由には大きく分けて5つがあります。下調べが不十分、お金に対する執着、現状からの逃避、過大評価、そして目先のことしか考えないという5つです。どれも一般的に言われていることであり、自分は違うと考えている人が多いものですが、実際にはこのどれかに当てはまってしまっている人も多いものです。
一つ目の下調べが不十分であるということは、いくつかの理由があります。ひとつは、自分が働く業界や職種においてどの様な就職環境にあるのかをよく認識していないために、簡単に就職できると思い込んでしまうことです。特に最近はこのようなサイトが増えており募集も多いように見えるので簡単に就職できると考えてしまいがちですが、決して募集の数と採用する数は比例しないため、現実的な判断ができなくなってしまう危険が有ります。
また、就職したい企業を客観的に分析していないという例も少なくありません。これはその企業の経営状態や業界内の位置づけについて十分理解していないために、勝手な自己判断で経営は大丈夫とか、自分を採用してくれるのだから良い企業だといった思い込みをしてしまうことです。企業の中には経営状態が不安定であるのにこれを隠す為に多くの雇用を行うという場合も有ります。その為、企業の状態を客観的に判断することが大切です。
さらに、企業文化との相性を考えない点も失敗の原因となります。職場環境に対する適性を考えずに就職すると、仕事よりも社内環境に馴染めないということになります。苦労するのは本人なので、慎重に考える必要があります。
また、募集要件をうのみにしてしまうことも多いものです。求人情報に書かれている内容は一般的には募集をする為に最低限必要な事しか記載しないことが多いのですが、実際には記載されていない条件が有ることが多いのです。例えば年収については税金やその他の費用を含んで表示している場合が多く、且つ同世代の平均の金額を表示しているケースが多いのですが、就職してすぐにその金額が貰えるわけではありません。むしろ、その金額よりもかなり低い金額になってしまうことが多いものです。このような点をしっかりと確認しておかないと、勝手な思い込みで現実とのギャップに苦しむことになるのです。
二つ目のお金に釣られて会社を移るということについては、実は非常に多い失敗例です。誰しも現在よりも高額の報酬を提示されると、多少の条件の悪さは目をつぶろうという気になってしまうものですが、実際には目をつぶれるレベルでは無いことも多いのです。しかし、高い報酬を提示されているのに根掘り葉掘り確認するとその条件が無くなってしまうのではないかという怖さから確認を怠ってしまうことも多く、これが失敗の原因となります。
三つ目の現状から逃げるという点については、とにかく今の会社や仕事が嫌だという理由で転職することですが、これはあまり良い結果を生まないものです。下調べをせずに新しい会社に移ることは失敗の原因となるので、十分に考慮することが大切です。さらに、今の会社が嫌で転職した場合には新しい会社に於いても嫌な面を見つけるとすぐに辞めたくなってしまうものです。その為、嫌な仕事を根気よく続けるという気持ちが無くなり、結果として自分のスキルが身に付かない上、転職を繰り返すという悪いイメージが付いてしまうことになります。
四つ目の自分を過大評価するという点については、自分と組織の関係を冷静に把握していないことが多いものです。会社で仕事をする際には会社組織が大きな力となっていることには気づかないことが多いものですが、実際には会社の名前で仕事をしていることが多いのです。その為、新しい職場では思うように成果が上げられないことも少なくありません。
五つ目は、目先のことしか考えていないということです。今の仕事のどの部分が不満なのか、新しい会社で何をしたいのか、さらには将来どのような人物となっていたいのかといったことを考えることが重要です。
転職で失敗しないためには、これらの5つについて十分に認識することが大切です。自分のこれまでの経験や知識に関しての強みや弱みをしっかりと理解することはもちろん、自分はどのような仕事に向いているのか、また自分の苦手な仕事はどのような事なのかといった自己分析をしっかりと行っておくことが大切です。又、自分の仕事の背景をしっかりと認識し、自分のプランをしっかりと立てることが重要です。その上で、様々な企業の情報を集め、適性を判断することが大きなポイントとなります。